steel-blue works

一緒に考える

プロジェクト

東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭「記憶の記録」企画

来場者に4つの質問をする「記憶の記録」企画に関わらせていただきました。

準備

どう関わりを作るかについて打ち合わせを2回しました。
椎名さん(パーティ・パーティ)、ワタナベナオミさん、サトウ

いわゆる「アンケート」は不要、ということで、4つの質問、という簡易インタビューをするやり方を考えることに。
質問項目のフォーマットを考え、シートを作成しました。


当日

ボランティアとして動いてくださった30人ぐらいの方々
柿久保さん(パーティ・パーティ)、平川さん、ワタナベさん、サトウ

「記憶の記録」インタビュー中

残念ながら途中でまとまった雨が降ってきたので、パネルを片付けなければいけませんでしたが、
みなさん熱心に次々と貼られていくシートを読まれていました。

集まっていく言葉

200枚ぐらいのシートが集まりました。

私は撮影もあったので、2人ほどとしかお話しできませんでした。
たまたま、関東から大阪に避難してこられたご家族でした。

戻ってこられたボランティアの方から、感想をお聞きしたところ、「楽しかった」と言ってくださったのがうれしかったです。
会場で、会話を生み出すきっかけになれたならよかったなと思いました。

その後

應典院でのイベントに合わせ、会場で拾われた言葉が展示されました。
制作はアートユニットmonkey(柴田さん、たあつこ=かおりさん)

お知らせ

More
Return Top